TTMA
 
フォレストスパトップページ フォレストスパについて マッサージトリートメントメニュー 限定マッサージトリートメント 健康ヘルスリトリート
予約 セラピスト よくある質問と答え 利用規約 アクセス
 

 
ホットストーンセラピー
 

ホットストーンセラピーとは、石を使用して行うセラピーのことです。石は世界のさまざまな地域で療法に使用されてきました。ストーンセラピーは植物療法と同じく、身近にあるものを利用した自然療法の一つ。地域によって使用する方法はさまざまですが、主に温めた石で体を温めたりマッサージしたりして使用されていたようです。アーユルヴェーダ(インド)では5000年以上も前から石をマルマポイント(ツボ)に使用した歴史がありますし、ハワイではカフナたちが溶岩をヒーリングマッサージのために使用していました。中国北部では「ヘン石」と呼ばれる石を使った療法があり、体を温める治療法が発達しお灸や温めた石を使い痛みや冷えを改善してきました。ネイティブアメリカンは日光で温めた石をスウェットロッジ(蒸し風呂)の中で使って浄化を促したり、月経痛時に下腹部に当てて使用しました。日本でも温石(おんじゃく)を痛みの“癒し”や灸の代用として利用してきました。また、石は体に使用するだけではなく、不思議な力が宿っていると考えられています。石にはエネルギーをプログラムする、または生み出す力があり、石そのものも独自の波動を持ち、相互作用する相手に影響を与えると考えられています。いろいろな石が「パワーストーン」として、お守り、宗教儀式、ヒーリングに使われてきました。現在一般的に普及しているストーンセラピーはネイティブ・アメリカンの流れを及んだものとして、マリー・ネルソンが開発したものです。ここで使用する石は、玄武岩です。玄武岩とは、火山から噴出して流れ出した溶岩がゆっくりと固まった石のこと。石を50度から60度に温め、そこから得られる遠赤外線効果で身体を温めていきます。岩盤浴をしたことのある人なら分かりやすいですが、岩盤浴と同じような効果が得られるので、施術後はしばらく身体が温かい状態が持続します。身体を温めながらマッサージを行うことで、通常のハンドマッサージより効果が高いことも特徴です。ホットストーンを使用したマッサージは、通常のハンドマッサージに比べてその効果は高く、3倍から7倍にもなるといわれています。不調を起しやすい部分に温めた石を乗せて、その部位を芯から温める方法と、オイルと併用してマッサージを行うという方法がありますが、両方を施術時間の中で行います。

 
BOOKING
 
Hot stone therapy
Hot stone therapy is therapy that uses stones. Stone has been used for therapy in various parts of the world. Stone therapy, like botanical therapy, is one of the natural remedies that use something close to you. The method used varies depending on the area, but it seems that it was mainly used to warm or massage the body with a heated stone. Ayurveda (India) has a history of using stone for marma points (TSUBO) for more than 5,000 years, and in Hawaii Kahunas have used lava for healing massage.In northern China, there is a treatment using a stone called "hen stone", a treatment that warms the body has developed, and moxibustion and warm stones have been used to improve pain and cold. Native Americans used sun-warmed stones in sweat lodges (steam baths) to encourage cleansing and to apply to the lower abdomen during menstrual pain.In Japan, Onjaku has been used as a “healing” for pain and as a substitute for moxibustion. In addition, stone is not only used for the body, it is thought that it has a mysterious power. Stone has the power to program or produce energy, and the stone itself is believed to have its own vibrations and affect the interacting partner.Various stones have been used as "power stones" for amulets, religious ceremonies, and healing. Stone therapy, which is now widespread, was developed by Marie Nelson as an extension of Native American. The stone used here is basalt. Basalt is a slowly solidified lava erupting from a volcano. The stone is warmed from 50 degrees to 60 degrees, and the body is warmed by the far-infrared effect obtained from it. It is easy to understand for those who have taken a rock bath, but since the effect is similar to that of a rock bath, the body stays warm for a while after the treatment.It is also characteristic that massage is performed while warming the body, which is more effective than ordinary hand massage. Massage using hot stones is said to be more effective than regular hand massages, from 3 to 7 times. There are two ways: putting warm stones on the prone part of the disorder and warming the area from the core, or using massage together with oil, but both are performed during the treatment time.
 
 
  0467-40-5641
080-1357-5902
お問い合わせはTTMAサロンインフォメーションまで
Copyright (C) All Rights Reserved by Forestspa 2019-2029
Presented by Healing Therapy Development Company Limited