TTMA
 
フォレストスパトップページ フォレストスパについて マッサージトリートメントメニュー 限定マッサージトリートメント 健康ヘルスリトリート
予約 セラピスト よくある質問と答え 利用規約 アクセス
 

 
タイ古式マッサージ・チェンマイスタイル
 

多くの流派があるタイ古式マッサージの中で、チェンマイスタイルと呼ばれるスタイルです。今から60年前までチェンマイは現在のタイではなくランナー王国でした。首都バンコクに対してランナーの誇りをかけて現存しているチェンマイスタイルは、もっとヨガ的でゆったり優雅なスタイル。センと呼ばれるエネルギーラインに沿ってウォーキングしながらエネルギーを通します。全身が温まったらストレッチ。こちらも最低2時間かかります。チェンマイ式は、全体を通してソフトで優雅な印象のスタイルです。ひどいコリをなんとかするためのスタイルというよりは、日常的に継続的に受けることで体調を整えるような感じの場合におすすめのスタイルでしょう。チェンマイスタイルとは、その名の通り、タイ北部の町チェンマイで発展したタイ古式マッサージです。ワットポー式が首都バンコクを中心に発展したように、これに対抗するように北部ではチェンマイ式が発展しました。ちなみにチェンマイがタイ王国に支配されたのは、今から約50年前ですが(もとはランナー王国)、ワットポー式の講師であったシントン氏が故郷に帰って、ランナー王国に伝わるマッサージとミックスして作ったスタイルがチェンマイスタイルなのです。ヨガのポーズを意識した部分が含まれていたり、繊細なタッチでウォーキングするような部分が多かったりしますから、見ていても少し芸術的な感じがするスタイルです。例えば、ワットポー式が両指でぎゅーっと圧迫をしていくのに対し、チェンマイ式は片指ずつ交互に圧迫を繰り返していきます。少しだけですが、肘や前腕を使って圧迫するような場面も含まれています。後半になって身体が温まったらストレッチングを行うのは同じですが、ストレッチングのスタイルもワットポー式とは異なって恰好の良いスタイルになっています。オリエンタルな文化に興味を持つ欧米人がこぞってチェンマイ式を求めた理由も少しわかるような気がします。チェンマイ式は、全体を通してストレッチングが多いというイメージが持たれていますが、あくまでもそれはワットポー式と比較した場合の話で、それほど突出して多いということはありません。現在もチェンマイには、いくつものタイ古式マッサージスクールが乱立していて、ヒーリングタウンとして注目されています。たくさんのスクールが現在も存在していますが、ニュアンスの差こそあれ、基本のスタイルはすべて同じ。それもそのはず、シントン氏が作ったスクールで講師をしていた人たちが、独立したことでスクールが乱立したというわけです。

 
120min.=12000円(税込)
150min.=15000円(税込)
180min.=18000円(税込)
 
BOOKING
 
Traditional Thai massage Chiangmai style
It is a style called Chiang Mai style among Thai traditional massage with many schools. Until 60 years ago, Chiang Mai was not the current Thailand but the Kingdom of Lanna. The Chiang Mai style, which takes pride of the runners to the capital, Bangkok, is more yoga-like and relaxed and elegant.Passing energy while walking along the energy line called Sen. Stretch when the whole body warms up. This also takes at least 2 hours. The Chiang Mai style is a soft and elegant style throughout. Rather than a style for dealing with severe stiffness, this style is recommended for those who feel conditioned by receiving them on a daily basis. Chiang Mai style, as the name implies, is a Thai traditional massage developed in the northern Thai city of Chiang Mai.In the north, the Chiang Mai style developed to counter the same as the Wat Pho style developed mainly in the capital Bangkok. By the way, Chiang Mai was ruled by the Kingdom of Thailand about 50 years ago (formerly Lanna Kingdom), but Mr. Singhong, a Wat Pho instructor, returned to his hometown and massages and mixes passed on to Lanna Kingdom The style created is Chiang Mai style.There are parts that are conscious of yoga poses, and there are many parts that walk with a delicate touch. For example, the Wat Pho type presses tightly with both fingers, while the Chiang Mai type repeatedly presses one finger at a time. In some cases, there are situations where you use your elbows or forearms to press. Stretching is the same when the body warms up in the second half, but the stretching style is different from the Wat Pho style and it looks cool.I can understand a little why Westerners who are interested in oriental culture have all sought the Chiang Mai style. The Chiang Mai style has the image that there is a lot of stretching throughout, but that is only a comparison with the Wat Pho style, and it is not that much.Even today, there are many Thai traditional massage schools in Chiang Mai, and it is attracting attention as a healing town. Many schools still exist today, but with the same nuances, the basic styles are all the same. That should have been the reason that those who had been teaching at the school created by Sinton were insulated from the independence of the school.
 
 
  0467-40-5641
080-1357-5902
お問い合わせはTTMAサロンインフォメーションまで
Copyright (C) All Rights Reserved by Forestspa 2019-2029
Presented by Healing Therapy Development Company Limited