TTMA
 
フォレストスパトップページ フォレストスパについて マッサージトリートメントメニュー 限定マッサージトリートメント 健康ヘルスリトリート
予約 セラピスト よくある質問と答え 利用規約 アクセス
 
 
筋肉疲労、腰痛、背痛、肩こり、首こり、眼精疲労、慢性疲労、倦怠感、無気力、冷え、むくみ、ストレス、不眠症、咳・のど・胸の痛み、悪寒、風邪の初期症状、頭痛、めまい、肥満、いらいら、憂鬱・不安症、自律神経失調症、うつ・精神疾患、便秘、肌荒れ、疲れ顔、くすみ、抜け毛・髪のぱさつき、生理不順、PMS、更年期障害、ED・男性機能障害、性欲減退、不妊、子供の健康、高血圧症、膠原病、腹水、病中病後療養など
 
CLINICAL APPROACH
憂鬱・不安症
 
 
 
 
■憂鬱・不安症
 

不安神経症とは、心因的な要因からくる「不安症」という病気の通称です。強い不安感が引き金となって、息苦しさや発汗、震えなど、日常生活に支障をきたすような身体への不調が現れます。

ストレス疾患には、主に自律神経の調整や血流量の調整をする「肝」がかかわっています。「肝」は、「気」「血(けつ)」が十分でないと機能しません。さらに、「肝」は血流量の調整にかかわっていることから、ストレスを受けるとさらに「血(けつ)」が不足していきます。外部からの精神的刺激により、感情が抑えられると、「肝」の自律神経系のはたらきがうまくいかなくなり、怒りやイライラなどさまざまな症状が生じてしまいます。ほかにも、「心」の大脳(精神活動)のはたらきがうまくいかなくなると、精神症状が生じます。

東洋医学では「鬱病」の事を「鬱証」と言います。「鬱証」は、精神的抑圧から精神のバランスが崩れその影響で体内の「気」の流れがスムーズに流れなくなってしまい鬱々とした気分が続いている状態と考えます。「鬱証」の起こるメカニズムは複雑ですが、最も重要なのは肝・脾・心の三臓の損傷と気血失調です。

東洋医学では、精神の症状と、体の症状を分けて考えることはしておらず、体の構成要素や機能のバランスの失調に伴っていろいろな精神の症状も出てくると考えていました。ですから、昔の漢方の本には、発熱や尿の出方、便秘、下痢、動悸、呼吸が浅い、汗が出る、などの体の症状と一緒に、落ち着かない、うつうつとしている、驚きやすい、眠れない、うわごとを言う、などといった精神症状が書かれています。現在の精神科での医療は、体の症状は、内科や他の身体科で扱い、精神の症状をもっぱら取り上げて、それに対して診断、治療をしていくといったものとなっています。

私たちは、薬に頼らなくてもまずはできることをおススメしています。「セロトニン」というホルモンをご存じでしょうか?セロトニンは心のバランスを整える作用のある伝達物質で、別名「幸せホルモン」と呼ばれています。このセロトニンが不足すると、暴力的になったり、うつ病を発症することもあると言われています。体内のセロトニンは90%以上が小腸にあり、消化を助ける働きなどをしているのですが、わずか2%の脳に存在するセロトニンが、人の心の安定に大きく影響を及ぼすのです。セロトニンという物質は、生活習慣によって増えたり減ったりることがわかっています。

セロトニンは太陽の出ている時間に分泌されて、夜や睡眠中は分泌が少なくなることがわかっていますので、早寝早起きをするとよいでしょう。太陽の光を浴びると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌がストップし、脳の覚醒を促すセロトニンの分泌が活発化されます。昼夜逆転の生活をするとセロトニンとメラトニンの分泌のバランスや体内時計が狂ってしまうため、不眠症になったり、うつ病になりやすくなったりしてしまいます。

一定のリズムを刻む単純な運動をするとセロトニン分泌に効果があるそうです。ヴァーモント大学の研究者によると20分間のワークアウトをすることで、その後約12時間気分をよくすることができるそう。大切な人とスキンシップをするのもおススメです。家族や恋人など、信頼できる人とのスキンシップはセロトニンを増やすのに効果があると言われています。

トリプトファンを含んだ食品を食べるのもよしです。セロトニンを生成する際に重要な材料が「トリプトファン」という物質ですが、このトリプトファンは人間の体内で生成することができないため食品で補う必要があります。その中でよいものはナッツ。米国科学協会の研究によると、20人の被験者に対してはナッツを避けるように伝え、22人にはナッツの多い食事をするようにと指導しました。この12週間の実験の結果、ナッツを食べたグループのほうがセロトニンのレベルが高かったといいます。ナッツ以外ではパイナップル、プラムやトマトもセロトニンの値を増やしてくれる食材。トリプトファンを含む食品は、肉類、魚介類、チーズ、ごま、納豆、麺類、ごはん、パンなど。

瞑想をするのもよしです。研究によるとメディテーションをすることで血圧を下げたり、セロトニンの値を増やしてくれるということを示している。たったの30分間の瞑想でうつの症状を改善してくれるそう。これはジョンホプキンス大学の研究によるものです。

マッサージを受けるのもよしです。マイアミ大学の薬学部の研究者がマッサージ療法に関する12以上の研究に対して包括的レビューを行ったところ、人間の生化学に影響を与えることで、不安やうつに対して効果的に対処することができると結論付けました。いくつかの連続する研究では、約500人のうつや不安を抱える成人の男女と子供を調査したところ、マッサージ療法は被験者のコルチゾールの値を約53%も減らし、セロトニンのレベルも上げることができたそうです。

 
 
■Melancholy and anxiety

Anxiety neurosis is a common name for a disease called "anxiety" that comes from psychogenic factors. Strong anxiety triggers physical disorders such as stifling, sweating, and tremors that interfere with daily life.

Stress disease is mainly related to the liver, which regulates the autonomic nervous system and regulates blood flow. "Liver" does not function unless "ki" and "blood" are sufficient. In addition, since "liver" is involved in the adjustment of blood flow, when under stress, further "blood" is insufficient. When emotions are suppressed due to external mental stimulation, the function of the autonomic nervous system of the "liver" does not work well, and various symptoms such as anger and irritation occur. In addition, mental symptoms occur when the brain (mental activity) of the "heart" does not work well.

In Oriental medicine, "depression" is called "depressive evidence". "Depressive" is a state in which the mental balance is lost from mental oppression and the flow of "qi" in the body does not flow smoothly due to the influence, and a depressed mood continues. The mechanism by which "depressive evidence" occurs is complex, but the most important are damage to the three organs of the liver, spleen, and heart and agitatosis.

In Oriental medicine, we did not separate the symptoms of the mind from the symptoms of the body, and thought that various mental symptoms would come out with the ataxia of the body's components and functions. Therefore, in the book of the old Chinese medicine, along with the symptoms of the body, such as fever, urine, constipation, diarrhea, palpitations, shallow breathing, sweat, etc., mental symptoms such as restlessness, depression, easy to sleep, to say the wow, etc. are written. The current medical treatment in the psychiatry department is the one that the symptom of the body is treated by the internal medicine and other physical departments, the symptom of the spirit is taken up exclusively, and the diagnosis and treatment are done to it.

We recommend that you do what you can without relying on medicine. Do you know the hormone "serotonin"? Serotonin is a mediator that regulates the balance of the mind, also known as the "happiness hormone." It is said that the lack of serotonin can cause violence or develop depression. Serotonin in the body is in the small intestine by more than 90%, and it helps digestion, but serotonin, which exists in only 2% of the brain, has a significant effect on the stability of the human mind. Serotonin has been known to increase or decrease depending on lifestyle.

Serotonin is secreted during the sun's time, and it is known that secretion decreases at night and during sleep, so it is a good idea to keep early hours. When exposed to sunshine, the secretion of melatonin, a sleep hormone, stops, and the secretion of serotonin, which promotes brain alertness, is activated. If you live a day-night reversal, the balance between serotonin and melatonin secretion and the internal clock will go wrong, which makes you insomnia and prone to depression.

It seems to be effective in serotonin secretion when a simple exercise which ticks a constant rhythm is used. According to a researcher at the University of Vermont, a 20-minute workout can make you feel better for about 12 hours afterwards. It is also recommended to do skinship with important people. It is said that skinship with trusted people, such as family and lovers, is effective in increasing serotonin.

It is also good to eat foods containing tryptophan. An important material for producing serotonin is a substance called tryptophan, but this tryptophan cannot be produced in the human body and needs to be supplemented with food. The good one among them is nuts. According to a study by the American Scientific Association, 20 subjects were told to avoid nuts, and 22 were instructed to eat nut-heavy meals. After 12 weeks of experiments, the group that ate nuts said that serotonin levels were higher. Other than nuts, pineapples, plums and tomatoes also increase serotonin levels. Foods including Tryptophan include meat, seafood, cheese, sesame seeds, natto, noodles, rice and bread.

It is also good to meditate. Research shows that meditation can lower blood pressure and increase serotonin levels. It seems to improve the symptoms of depression by meditation of only 30 minutes. This is a study by John Hopkins University.

It is also good to get a massage. Researchers at the University of Miami's Faculty of Pharmacy conducted a comprehensive review of more than 12 studies on massage therapy and concluded that by affecting human biochemistry, they can effectively address anxiety and depression. In several consecutive studies, a survey of about 500 adult men and women with depression and anxiety showed that massage therapy reduced the level of cortisol in subjects by about 53 percent and increased serotonin levels.

 
 
 
 
こういった症状には、以下のマッサージの組み合わせをお勧めしています。ぜひ参考にしてください。
 
ボディケア ハーバルチネイザン タイ古式マッサージ シンギングボウル ダブルヨガ
 
今すぐ予約する
 
 
  080-1357-5902
お問い合わせはTTMAサロンインフォメーションまで
Copyright (C) All Rights Reserved by Forestspa 2019-2029
Presented by Healing Therapy Development Company Limited