TTMA
 
フォレストスパトップページ フォレストスパについて マッサージトリートメントメニュー 限定マッサージトリートメント 健康ヘルスリトリート
予約 セラピスト よくある質問と答え 利用規約 アクセス
 
 
筋肉疲労、腰痛、背痛、肩こり、首こり、眼精疲労、慢性疲労、倦怠感、無気力、冷え、むくみ、ストレス、不眠症、咳・のど・胸の痛み、悪寒、風邪の初期症状、頭痛、めまい、肥満、いらいら、憂鬱・不安症、自律神経失調症、うつ・精神疾患、便秘、肌荒れ、疲れ顔、くすみ、抜け毛・髪のぱさつき、生理不順、PMS、更年期障害、ED・男性機能障害、性欲減退、不妊、子供の健康、高血圧症、膠原病、腹水、病中病後療養など
 
CLINICAL APPROACH
腰痛
 
 
 
 
■腰痛
 

腰の痛みの原因はさまざまですが、なりやすい人には共通の傾向があります。立ったままその場での作業は、筋肉疲労と不良姿勢によって椎間板負担がかかるために腰痛になりやすく、ずっと座っている姿勢も、立っている状態より椎間板にかかる負担は大きく、不良な姿勢から腰痛になりやすいといえます。 軽い腰痛、原因がはっきりしない腰痛などをまとめて、いわゆる「腰痛症」といいます。中腰で重いものを持ったりしたときなど、急に腰が痛くなり動けなくなった状態を一般的に「ぎっくり腰」といいます。

慢性腰痛の原因の一つは筋肉が縮んで硬く太くなることで血管を圧迫することです。太く硬い筋肉は、血管を圧迫し、血流が悪くなります。血流が滞ると、運ばれる酸素の量が少なくなることにより酸欠状態になります。身体は酸素不足になると、危機的状態を知らせるために「ブラジキニン」という痛みを感じさせる物質が出るのです。これが「慢性的な痛み」のメカニズムです。お風呂に入って体が温まり血流が良くなると、一時的に酸欠が解消されてブラジキニンの生成が抑えられ痛みがやわらぎますが、筋肉そのものはやわらかくなっていないので、元の体温に戻ると再び痛みが出始めます。筋肉が縮むと、短く伸びなくなることで、腰椎などに負担をかけることもあります。背骨の前側の筋肉が硬くロックして「短く」「伸びない」状態で腰を反らすと、背骨と背骨が押しつぶされるような力が加わり、腰に痛みを感じます。

まずは、筋肉のコリに対するアプローチを行っていくことで、クライアントは楽になるものです。腰の筋肉は大きいのでコリが血流を阻害していることを考えて、強く深めのアプローチを行う必要があります。指や手ではなかなか難しい場合が多いので、肘や膝を使ったパワープレスが有効でしょう。

腰痛は、内臓の病気が原因になっていることもあります。安静にしていても寝ていても痛む、あるいは動作に関係なく痛むといった場合には、内臓疾患を疑った方がいいかもしれません。

◎腰痛を起こす内臓の病気一覧

(循環器の病気)
閉塞性動脈硬化症、腹部大動脈瘤、腹部大動脈解離

(泌尿器の病気)
腎臓・尿路結石、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺肥大症、泌尿器のがん

(消化器の病気)
胃潰瘍・十二指腸潰瘍、膵炎、胆石、胆のう・胆管炎、肝炎、消化器のがん

(婦人科の病気)
月経困難症、子宮筋腫、卵巣炎、卵巣膿腫、子宮や卵巣のがん

(その他)
帯状疱疹、インフルエンザ、風邪

しかし、実際にはそれだけでは説明できない、原因不明の腰痛がたくさんあります。若者から中高年まで、男女を問わず、 多くの人が苦しんでいる腰痛。病院で検査をしても、その80%以上は痛みの原因が特定できないといわれています。原因がはっきりしないけれど、腰痛が長引くという人はとても多いもの。約80%の人は抑うつ状態だといわれ、ここ数年、注目されているのが心因性腰痛。「ちょっとしたことで腹が立ち、イライラする。悲しくなったり、憂うつになったりする。急に泣きたくなったり、泣いたりする。孤独感が強くなった。食欲がない。夜はなかなか寝つけない。」などの症状を伴う場合には、心因性腰痛の可能性が大です。リラックスしながら、腰の筋肉を緩めることが近道だと言えます。

さて、東洋医学(=陰陽論)では腰痛の原因をどのように捉えているのでしょうか。東洋医学的な病気の捉え方で見たとき、その原因はやはり、ストレスに関係しています。

気の滞りのことを気滞と言います。気は陽なので、動き回る性質がありますが、それが停滞する。つまり、グルグルめぐらせる機能が滞る…と考えてください。めぐりが悪い体質がウィークポイントに症状として出る。そのウィークポイントが腰なら、腰痛が起こります。気滞の原因で一番多いのは、ストレス。次に運動不足。まれに運動のし過ぎで気滞をおこすものもあります。

気滞は緊張とも言えます。緊張は、精神的・肉体的、両方の緊張です。重症度で腰痛を分類すると、気滞による腰痛は、比較的軽い段階のものと言えます。ですので、時に強く感じたり、時に何も感じなかったりします。ストレスで悪化したり、運動すると楽になったりします。こうした場合には、気滞を取り去る調整法(瀉法)を行い、治療します。多くは肝臓と関連のあるツボを用います。肝兪・合谷・後渓・百会・行間など。

気滞のレベルがきついと、血が凝結します。血がドロドロの状態です。ストレスや運動不足が気滞を生じさせ、さらに「お血」を生み出すという悪循環を招きます。これでは疲れが取れず、腰痛も治りません。「お血」を取り除くには、時間もかかります。何度も通院してもらう必要があります。

腎虚も考える必要があります。腎虚とは、「下の弱り」です。下(下半身=陰)が弱ると、気のめぐらせる力そのものが弱っているわけですから、下半身の枢要である腰に症状が出やすくなります。腰全体がだるく、ひどい場合は足腰に力が入りません。また、足の冷えがあったり、足のほてりがあったりします。下が弱る原因は、老化・生まれつき体が弱い・セックスのし過ぎ・無理のし過ぎ。

伝統医学では、腎に対するアプローチも同時に行っていくことで、体質改善を図っていきます。腎兪・陰谷・復溜・照海・天井などを中心に行います。

タイ伝統治療における腰痛のアプローチは、このようにトータルで考えていきます。状況は人ぞれぞれなので、複数の原因を想定した上で、時間をかけてアプローチしていくことで腰痛の緩和だけでなく、トータルに健康に導くことが可能です。

 
 
■Backache

Low back pain can be caused by a variety of causes, but it tends to be common among people who are prone to getting back. Working on the spot while standing is liable to suffer from low back pain due to strain on the disc due to muscular fatigue and poor posture, and even in a sitting posture, the burden on the disc is greater than in a standing position, and from a bad posture It is easy to get back pain. Low back pain and low back pain whose cause is not clear are collectively called "low back pain". The situation where the lower back suddenly hurts and becomes unable to move, such as when carrying a heavy object on the lower back, is generally referred to as "closely waist".

One of the causes of chronic low back pain is that the muscles shrink and become harder and thicker, compressing blood vessels. Thick and stiff muscles can compress blood vessels and reduce blood flow. When blood flow is impaired, the amount of oxygen carried is reduced, resulting in a lack of oxygen. When your body becomes starved of oxygen, it emits a painful substance called "bradykinin" to signal a crisis. This is the mechanism of “chronic pain”. When you take a bath and your body warms and blood flow improves, the lack of oxygen is temporarily eliminated and the production of bradykinin is suppressed and the pain is relieved, but the muscle itself is not soft, so when you return to the original body temperature Pain starts again. When the muscles shrink, they may not be able to stretch for a short time, which may place a burden on the lumbar spine. When the muscles on the front side of the spine are stiff and locked and “short” or “unstretched”, the back is bent and the spine and the spine are crushed, causing pain in the back.

First of all, taking an approach to muscle stiffness will make the client easier. Because the hip muscles are large, you need to take a strong and deep approach, considering that stiffness is blocking blood flow. Since it is often difficult with fingers and hands, a power press using elbows and knees will be effective.

Low back pain can be caused by a disease of the internal organs. If you hurt even when you are resting or sleeping, or irrespective of your movements, you may want to suspect visceral disease.

◎ List of internal organ diseases causing back pain

(Circulatory disease)
Obstructive atherosclerosis, abdominal aortic aneurysm, abdominal aortic dissection

(Urological disease)
Kidney and urinary calculi, cystitis, pyelonephritis, benign prostatic hyperplasia, urinary cancer

(Digestive illness)
Gastric ulcer / duodenal ulcer, pancreatitis, gallstones, gall bladder / cholangitis, hepatitis, gastrointestinal cancer

(Gynecological illness)
Dysmenorrhea, fibroids, ovarian inflammation, ovarian abscess, uterine and ovarian cancer

(Other)
Shingles, flu, cold

However, there are many unexplained back pains that cannot be explained by themselves. Low back pain that many people, both young and middle-aged, are suffering, regardless of gender. It is said that the cause of pain cannot be identified in more than 80% of the patients who have been examined in hospitals. Although the cause is not clear, many people have prolonged back pain. About 80% of people are said to be depressed, and in recent years attention has been focused on psychogenic back pain. "I get angry and frustrated by a little bit. I get sad and depressed. I suddenly want to cry and cry. I feel more lonely. I have no appetite. I can't sleep well at night." If you have symptoms such as, there is a high possibility of psychogenic back pain. Relaxing and relaxing your lower back muscles is a shortcut.

By the way, how does Oriental medicine (= Yin and Yang theory) catch the cause of back pain? When viewed in terms of oriental medicine, the cause is still related to stress.

The stagnation is called stagnation. Qi is positive, so it has a tendency to move around, but it stagnates. In other words, please think that the function to go round and round is delayed. Poor circulation is a symptom of weak points. If the weak point is the lower back, back pain will occur. The most common cause of congestion is stress. Next lack of exercise. In rare cases, overexertion can cause air stagnation.

The stagnation can be a tension. Tension is both mental and physical. By classifying low back pain by severity, low back pain due to air stagnation can be considered relatively mild. So sometimes I feel strong and sometimes I don't feel anything. It can get worse due to stress, and it can be easier if you exercise. In such cases, the patient is treated with an adjustment method (phlebotomy) to remove the stagnation. Many use acupoints that are associated with the liver. Kimyu, Heya, Gokei, Hyakukai, line spaces, etc.

When the level of air stagnation is severe, blood clots. Blood is muddy. Stress and lack of exercise can cause air stagnation and create a vicious cycle of blood. This will not help you get tired and your back pain will not go away. It takes time to remove "blood". You need to go to the hospital many times.

You also need to consider renal emptiness. Renal emptiness is "lower weakness." When the lower part (lower body = shade) is weaker, the power to move is weaker, so symptoms tend to appear on the lower back, which is the pivot of the lower body. The whole waist is sluggish, and in severe cases the legs and hips do not work. Also, you may have cold feet or hot flashes. The causes of weakness are aging, weakness in nature, too much sex, and too much force.

In traditional medicine, we aim to improve our constitution by simultaneously approaching the kidneys. The tour will be conducted mainly on Nei-Yu, Yin-Gai, re-collection, Terumi, and ceiling.

The approach of low back pain in Thai traditional treatment is considered in this way as a whole. Since each situation is different, it is possible not only to alleviate lower back pain but also to lead to total health by approaching over time, assuming multiple causes.

 
 
 
 
こういった症状には、以下のマッサージの組み合わせをお勧めしています。ぜひ参考にしてください。
 
腰痛ボディケア フットプレスマッサージ ハーブボールマッサージ タイ古式マッサージ ダブルヨガ
 
今すぐ予約する
 
 
  080-1357-5902
お問い合わせはTTMAサロンインフォメーションまで
Copyright (C) All Rights Reserved by Forestspa 2019-2029
Presented by Healing Therapy Development Company Limited