TOP PAGE   TTMA

 
TTMAフォレスト 未来を考える 活動内容 ボランティア募集 交通アクセス お問い合わせ
TTMAフォレスト 未来を考える 活動内容 ボランティア募集 交通アクセス お問い合わせ
 
 
龍の左目に座るパワースポット瞑想体験
 

 

スピリチュアルなパワースポットというと目に見えないので正直わかりにくいものですが、肯定するわけでも否定するなく、ただ、そこに座ってボーっとしてみてください。何かを感じるかもしれませんし、感じないかもしれません。ただ、ここは数十人のスピリチュアル系の人が認めるパワースポットであることは確かです。この場所を最初に見つけたのは、地球創生・スピリチュアル大学校の創始者である吉岡学氏ですが、それ以外にも大勢の人が「この場所はすごい!」と絶賛している場所です。数多く波動写真も撮影されています。私、渡邊ソウイチロウはスピリチュアル自体よくわかっておりませんが、確かにぼわーっと温かい波動があるのはわかります。大勢の人が押し寄せると地場の気が乱れるので、正直にいうとあまり教えたくはありません。でも、なんとなくすっきりしないとか、体調が悪いとか、心が乱れてしまっているようなときには、ぜひこの場所で瞑想していただけるとお役に立てるかと思います。

吉岡氏によると、スピリチュアルの世界では龍は自然エネルギーの象徴。そして、この場所は「龍頭」なのだそうです。鎌倉に連なる山の尾根がすべて「龍」。その龍の頭に相当する部分がこの場所なのだそうです。特に左目がここの中庭にあるとのこと。左目は天と地を見抜き、宇宙から地の底まで全てを見抜く力を持つパワースポット。ちなみに右目は現実世界を表しているそうです。このあたりの場所にいるだけで、浄化されるそうですが、特にこの龍の左目のポイントで瞑想することで、自分自身に龍のエネルギー取り入れることができるそうです。

以下は、ネット上で検索したことをまとめて記しておきます。パワースポットとは、訪れる人に活力や癒しなど良い影響を与えてくれる、質の高いエネルギーが流れている空間のことを指します。風水では、大地から気が出ているエネルギースポット(パワースポット)の事を龍穴(りゅうけつ)と呼び、龍穴へ向かう流れを龍脈(りゅうみゃく)と呼びます。「龍脈」とは、大地の気が流れるルートのことです。龍脈は山脈の尾根伝いに流れていて、そのうねうねを曲がりくねった姿が龍に似ていることから、こう呼ばれています。風水では龍脈が重んじられています。神社があるわけでもないけれども、スゴく勢いが感じられる場所があります。日本では、富士山が強大な龍穴であり、大地のエネルギーの源となっています。そこから龍脈を通じ、国内にエネルギーが送られ、各地にパワースポット(龍穴)が形成されている、と考えられています。日本は龍の国です。「龍」のエネルギーは、「加持祈祷」「気功」「ヒーリング」「各種ボディーワーク」「霊感」の分野でサポートしてくれます。ヒーラーやセラピスト、エネルギーワークの従事者にはもってこいの場所です。

古代中国では、大地の氣エネルギーをその性質によって、次ぎのような「五星図」と呼ばれる木・火・土・金・水の 5つに分類しました。 「木形」は細長く伸びた山や地形。「火形」は尖ったり、三角形の山や地形。「土形」 はどっしりとした四角の山や地形。「水形」は波打ったり、平坦な山や地形。これらの地形から土地の性質を掴み取り相性のよい建物を造ることで凶運を避け吉運を呼びこんだのです。これが風水のようです。龍脈の氣エネルギーを住宅に取りこんで健康長寿に恵まれ、富貴となって子孫繁栄するための手法が風水術ですね。

風水も東洋医学もつながっていますが、いろいろな病気や症状の原因は、肉体的な要因であることが多いですね。ただ、昔から「病は気から」と言われてきたように、その要因には精神的な要素、スピリチュアル的な要素も関係しています。スピリチュアルな世界では、右目は過去、左目は未来を示しているようです。あるいは右目は父を、左目は母を表していると言われています。ですから、右目が悪い人は、過去や父親になんらかのひっかかりがあったり、左目が悪い人は未来に不安があったり母との関係に問題があると考えられています。目がなんらかの病気にかかったときに考えられるスピリチュアルなメッセージとは、目の前にある問題を直視していない、人のあらさがしをよくしている、嫉妬が過ぎる、もっと人生に注意を払うなどがあるそうです。東洋医学では、目は肝臓(五行では木)とつながっています。怒りっぽいと目のチャクラを損ない、目や肝臓が悪くなります。逆に肝臓の経絡が滞っているとイライラしやすくなります。

エジプトの神話によれば、ホルス神の奪われた「左目」が世界を支配する力を発揮すると言われています。それが事実ならば、世界をアマテラスが支配する時代が来ることになります。世界で唯一の「神の左目から生まれた神」は、伊勢の神宮の主宰神である太陽神の「天照大神」なのだそうです。「天照大神」は日本の皇室の祖先神なので、ユダヤの王の子孫である天皇が神道の祭司なのだそうです。・・・・ネットの情報なので真偽はよくわかりません。これくらいにしておきます。

話を戻しますが、私はこの場所を観光名所に仕立てたいわけではありません。遊び感覚のパワースポット巡りや興味本位で「何かにあやかろう」という感覚でお越しになるべき場所ではありません。聖地であればあるほどに、今後もずーっと守っていきたい大切な場所です。パワースポットには相性があるようですし、何よりも土地の気が乱れてしまいます。単なる興味本位と判断させていただいた場合には、勝手ながらお断りさせていただく場合もございます。ご承知いただいた上で、何かにお困りの方や自分自身のエネルギーを整えたいという方には、無料で開放していますので、ぜひお問い合わせください。

 

 
〒248-0023 神奈川県鎌倉市極楽寺3-13-25
TEL:0467-40-5641
Copyright(C) TTMA FOREST KAMAKURA 2016